引っ越し 必要書類 手続き

MENU

引っ越し前後に必要で忘れがちな手続きや書類とは

引っ越しをする時には、さまざまな場所への連絡や手続きが必要になります。

 

大体のものが、引っ越し前後2週間くらいの間に手続きをすることになりますが、特に引っ越し前に行っておかないと、後々面倒なことになりそうな忘れがちな手続きや必要書類を紹介します。

 

電気やガスなどのインフラ関連の連絡は、比較的忘れないで行えますが、意外に忘れてしまうのは、役所への届け出や手続きです。

 

まずは、今住んでいる場所と違う市区町村に引っ越す場合には、転出届を提出しなければなりません。
そうすると、転出証明書が発行されます。これについてはまた後述します。
同じ市区町村に引っ越す場合は、転居届を提出するだけで終了です。

 

お子さんがいれば学校への手続き、国民健康保険の加入者であれば、同様に手続きが必要になります。
人によってさまざまな手続きが必要になりますが、何度も役所へ通うことのないように一度で行っていきましょう。

 

次に引っ越し後ですが、新しい住所の役所に、先ほどの転出証明書とともに転入届を提出します。
これは14日以内に届けなければいけません。

 

同じ市区町村であれば役所は変わらないので必要ありませんが、特に期日は決められてはいないものの、印鑑登録は早めに手続きをすることが基本になっているので、この時にあわせて行いましょう。

 

また、運転免許証や、自家用車を所有しているのであれば車庫証明などの住所変更の手続きも必要です。

 

特に運転免許証の場合には住民票の写しなどが必要になりますが、身分証明書として早めに手続きをすることが望ましいといえます。
どちらも各管轄警察署などで忘れずに行いましょう。

 

引っ越し時に必要な手続きや用意しておくべき書類

手続きについてもう少し詳しく挙げていきましょう。

 

電気、ガス、水道の手続き

引っ越しが決まったら、まず最初に手続きしなければならないのは、電気などの各種会社への連絡です。
退去や入居日に電気や水道、ガスなど使うのであれば、停止日や利用開始日の日にちを間違えないように注意しましょう。

 

電話はもちろん、最近では携帯やPCでも手続きは可能です。
ガスなどは立ち会いも必要になってきますから、早めに希望の日時を連絡しておきましょう。

 

転出届

先述しましたが、ほかの市区町村に引っ越すときは、転出届を提出して転出証明書を発行してもらう必要があります。

 

これとともに転入届を新しい役所に提出しましょう。
転居するおよそ2週間前から手続きができるので、余裕をもって手続きをしましょう。

 

保険証や各種手当などの住所変更の手続き

身分証明書ともなる保険証やその他の手続きも、転出届の提出などで役所に訪れた際に、併せて行いましょう。
詳しくは役所の方から指示もありますし、分からなければ確認しながら、それに従えば問題ありません。

 

運転免許証は、住民票の写しなど必要な書類があります。
あらかじめ確認して前もって準備しておき、各管轄警察署などでスムーズに手続きしましょう。

 

郵便物転送届

意外と忘れてしまうのが転送届です。

 

請求書だけでなく、個人情報に関する郵便物が旧住所に届いてしまっては大変です。

 

これは、郵便局に直接届け出るほか、携帯やPCからでも手続きが可能です。

 

ただし、届け出からすぐに転送が始まるわけではありません。
あらかじめ余裕を持って手続きを行い、後で問題が起きないように、万が一の事態に備えて忘れずに行いましょう。

 

そのほか

携帯電話、ローン、銀行など、住所変更をしなければならないものは、人によってさまざまです。

 

ほかにもNHKやネットショッピングの届け先など、住所を登録しているものはすべて手続きしていかなければなりません。

 

どうしても忘れがちになってしまいますから、チェックリストなどを作成して、空いた時間で順次行っていきましょう。
引っ越し前後に慌てることなく、少しでも落ち着いて作業できるように、事前に準備しながら効率よく進めていきましょう。