引っ越し 準備 コツ

MENU

引っ越しの際に把握しておくべきことは

入学や進学、新社会人となったり、会社の転勤に転職など、理由やきっかけは人それぞれですが、人生の転機や節目に引っ越しをされる方が多いのではないでしょうか。

 

引っ越しをする際には、まずは新しい部屋を探したり、新居に運ぶべき荷物や新しく買うものなどを考えなければなりません。

 

他にも手続きなどはさまざまありますから、荷造りなどの引っ越し作業はスムーズに行いたいものです。

 

新居が決まったら、部屋の広さや収納スペースをしっかりと把握したうえで、家具や家電の配置や搬入する荷物を考えましょう。

 

現在使用している家具などが、新居では入らなかったり邪魔になってしまう大きさかもしれません。

 

新居の建付け収納スペースが少なければ、必然的にほかの生活スペースにタンスや小物入れなどを置かなければいけませんし、一つ一つは小さなものでも生活を続ければ必ず物は増えていくでしょう。

 

そのため、荷造りをする準備段階でそれを考えながら作業しなければならないということです。
思い出の品などは、なかなか捨てたりできないかもしれませんが、スムーズに引っ越しを行うためには思い切った決断も必要です。

 

引っ越しに必要なものの見極めをして身軽に引っ越しを!

先述しましたが、荷造りは準備段階からしっかり行っていかなければなりません。

 

収納スペースや部屋の間取りなどを考えながら、荷物を分別していきましょう。

 

使いそうだから持っていこうとする物でも、冷静に振り返ってみるとここ数年も同じように考えて一切使っていない物だったりします。
調理器具も年に数回使うかどうか分からない物まで持って行くとなると、それだけで荷物は増えていきます。

 

衣類などでも、シーズンオフのものであれば、引っ越し後に購入して今まで着ていたものが要らなくなるかもしれません。

 

荷造りは、いかに荷物を減らしていくかがカギとなります。

 

本当に必要なものを見極め、必要最低限の物を新居へ運ぶようにしましょう。

 

ただ、不用品を何でもかんでも捨てるというわけではなく、友人知人に欲しいという方がいれば譲ればいいですし、リサイクルショップやネットオークションなどを活用すれば、引っ越し費用の足しになるかもしれません。

 

引っ越しはどうしても手続きなどに目が行きがちですが、このように荷造りや荷物の分別も非常に重要です。
快適な新生活のスタートを切るためにも、準備段階から怠らないように進めていきましょう。