引っ越し 不用品回収

MENU

引っ越しで発生する不用品回収で気をつけておきたいこと

引っ越しで困ることといえば、荷造りなどの準備がなかなか終わらない、手続きが多すぎて時間がないなどがあります。

 

しかし、不用品回収に困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

電化製品や本棚など、荷造りや分別をしながらどんどん要らないものが出てきます。
これらは粗大ゴミで出したり、業者などに回収してもらわなければなりません。

 

この回収にかかる費用は、物の数や大きさによって変わるので、一概に目安を挙げられませんが、引っ越し自体でかなりお金をかけているとすると、なるべく安くしたいところです。
回収業者によっても費用が大きく変動するので、よく調べてから依頼しなければなりません。

 

また、ネットオークションやリサイクルショップに買い取ってもらう方法もいいでしょう。

 

引っ越し費用の足しになるかもしれませんし、低額で引き取ってもらえるかもしれません。
このあたりもよく調べる必要があります。

 

不用品回収をお願いするなら

まずは不用品の種類によって考えましょう。

 

不用品は大きく分けて、二種類のものに分けられます。
リサイクル法で定められている家電とそれ以外の粗大ゴミです。

 

リサイクル法によって、エアコン、冷蔵庫などは各都道府県で指定された方法によって処分する必要があると法令で定められています。
そのため、対応している業者にお願いしなければなりません。

 

引っ越し業者の引き取りサービスなどを利用すれば、荷物を輸送する際にあわせて不要家電などを引き取ってもらえます。
また家電量販店であれば、新しい家電などを購入するときに古いものを引き取ってもらえばいいでしょう。

 

このときに注意しなければならないのは、古い家電を新居で処理しようとすれば、引っ越しの際に余計な荷物が発生することになります。
引っ越し料金もその分増えてしまいます。

 

そのため、現在住んでいるところでは引き取りだけお願いするか、新しく購入するのであれば、それらが新居に届くように手配するといいでしょう。

 

それ以外のものは、いわゆる粗大ゴミですが、この処理も各自治体によって変わります。
よく調べておくことが重要です。

 

基本的には分解しても粗大ゴミなので、小さくしたからといっても普通のゴミとして出せません。

 

これらは、先ほども触れましたが、不用品回収業者に問合せをしてみるのが一番です。

 

買取をしてくれるところもあれば、出張費や見積もり費が無料のところも数多くあるので、よく調べたうえでまずは一度問合せをしましょう。

 

引っ越しの際には、できる限りものを減らして、すっきりした状態で新居に向かいたいものです。