引っ越し チェックリスト

MENU

引っ越しが決まったらまずはチェックリストを作成しよう

引っ越しするには様々な手続きや準備が必要です。
頭の中だけでは忘れてしまうこともありますから、まずはチェックリストを作成して活用しましょう。

 

チェックリストの利点は、忘れることの防止だけでなく、スケジュールも組みやすいことです。

 

この日にまとめて手続きをしようとか、この前日までにはこれを用意しておかなければならないなど、気付きにくいことも書き出すことで見えてきます。

 

ここでは一部を紹介しますので、リストの参考にしていただければと思います。

 

引っ越しの前日までにするべきことは

・引っ越し業者への依頼

 

繁忙期や希望の日時があれば、直前だと対応してもらえないかもしれないので、早めに予約する必要があります。
また、引っ越し費用の見積もりも重要ですから、時間に余裕があれば何社かに依頼しましょう。

 

・(賃貸から転居の場合)賃貸の解約手続き

 

賃貸にお住まいの方は解約手続きが必要です。
契約条件により異なりますが、大体は1か月前までに管理会社への連絡が必要なので気を付けましょう。

 

・役所手続き

 

主な手続きは、他市区町村への引っ越しの場合は転出届、同じであれば転居届、ほかに各種手当(児童手当等)、印鑑登録の廃止・抹消、学校の手続き、国民健康保険の脱退などです。

 

・荷物の整理

 

直前になって慌てないように早めに荷造りしましょう。
粗大ごみは捨てられる日が決まっている場合もありますし、そのほかのごみもしっかりと確認しておきましょう。

 

リサイクルショップやネットオークションを利用する場合なども早めの対応が必要です。

 

・水道・ガス・電気の届け出

 

各契約会社へ使用停止日と引っ越し先での使用開始日の連絡をしましょう。
ガスは立ち合いが必要なので、引っ越し業者同様、希望の日時があれば早めの連絡が必要です。

 

・郵便物の転送届

 

旧住所へ届いた郵便物を新居へ転送してもらえます。
忘れないように、事前に郵便局やネットでの手続きをしておきましょう。

 

・インターネットや固定電話の移設手続

 

新居ではインターネットの開設工事が必要な場合があります。
早めに連絡をし、スムーズに使用開始できるようにしましょう。

 

・新居で使用する家具などの準備

 

カーテンなど、転居後すぐに必要となるものは早めに準備しましょう。
これは、荷造りの作業でも必要なものが見えてくるので、時間に余裕がある時から作業を進めておくことをおすすめします。

 

引っ越し当日や引っ越し後にすることは

・搬入荷物の確認

 

業者に運搬してもらった荷物の運び忘れがないか、壊れているものや傷がついているものはないかなど、しっかりと確認しましょう。

 

また、荷物だけでなく運搬の際に壁や床などにも傷がついていないか確認しましょう。
後から届け出ても補償の対象外になる可能性があります。

 

・近所への引っ越し挨拶

 

引っ越し先が近い場合は引っ越し前に挨拶をしておけばいいですが、遠方であれば当日でも大丈夫です。

 

引っ越し作業でご迷惑をおかけしたこと、これからお世話になることの挨拶をしましょう。

 

・役所での手続き

 

転入届、国民健康保険、国民年金、各種手当、印鑑登録、転校手続きなどが必要です。

 

この際に、住民票の写しを何通か取得しておくと、後々の住所変更手続きで必要となるので、役所に何度も通う手間が省けます。

 

・免許証の住所変更手続き

 

警察署や免許センターで行います。
新住所を確認できる書類が必要なので、先ほどの住民票の写しほか、その他に必要なものなどしっかり確認しておきましょう。

 

・自動車の車庫証明書や車検証の住所変更

 

車庫証明は警察署、車検証は陸運局で行います。

 

・銀行・携帯・クレジットカード・保険などの住所変更手続き

 

窓口や電話、インターネットなどで住所変更手続きを行います。
契約会社によって必要な書類は異なりますので、ここでもしっかりと確認しましょう。

 

また、会社によっては引っ越し前に住所変更手続きが可能な場合もあります。

 

人によっては上記以外でもさまざまな手続きが必要な場合もあります。

 

ただでさえ引っ越し作業は忙しいのに、何かを忘れて直前で慌ててしまっては、効率よく進めていくことはできません。
新生活のスタートを気持ちよく切るためにも、チェックリストを活用してみましょう。